妊活コラム

妊活は夫婦一緒に頑張ろう!子作りのために男性ができること

投稿日:

妊活というと女性だけが頑張りがちですが、最近では男性側の原因による不妊もあるということが知られ始めています。

そもそも夫婦二人の子供なので夫婦が足並みをそろえることは妊活の一番大切なポイントになるのではないかと思っています。

そこで、この記事では妊活に積極的に取り組む男性に向けて、男性は何に気を付ければ赤ちゃんを授かりやすくなるのか、情報をまとめてみました。

男性妊活とお酒

お酒については、二つの問題があり得ます。

まず有名なものとして、お酒をたくさん飲みすぎると一時的な勃起障害を引き起こす可能性があります。これに加えて重要なのは、アルコール自体が精液量や精子の質を低下させることです。

もっとも、飲みすぎなければ次に説明するタバコほど大きな害はないとも言われています。

したがって、たしなむ程度のお酒であればストレス解消にもなるので気にしすぎる必要はありませんが、深酒を頻繁にするような習慣があるようであれば改善することが望ましいでしょう。

男性妊活とタバコ

子作りを考えるのであれば女性だけでなく男性にとっても、たばこは好ましくありません。

たばこは生殖器官の血流を低下させ、精子の形成能力を阻害する可能性があるためです。

実際に体外受精などの不妊治療の実績をみても、喫煙者は非喫煙者と比較して妊娠する確率が低いという結果も出ているそうです。

そもそも、妊娠したら赤ちゃんの健全な成長のためにタバコの副流煙に奥さんをさらすべきではありません。

また多くの女性が妊娠するとつわりに悩まされますが、普段は気にならないかすかなタバコのにおいであっても敏感に反応し吐き気を催すようになります。奥さんの前で吸わなくても体に付着したかすかな匂いにも反応するレベルです。

したがって、晴れて妊娠した後はいずれにしても禁煙しなければならないのが実情です。

なので、もし現在喫煙しているのであればこの機会に禁煙してみてはいかがでしょうか。

男性妊活では体の温めすぎに注意

妊活で女性は冷え性に気を付けなければいけないと言われますが、男性の場合はむしろ温めすぎに気を付ける必要があります。

男性の体内で精子がつくられるときの温度は31~33度が理想とされているからです。特に性行為をする前はからだを温めすぎないように注意する必要があります。

このため、暑いお風呂に入りすぎるのは控えた方がよさそうです。

また、意外に盲点となるのがノートパソコンでの作業です。ノートパソコンは一時的に熱を持つことがありますよね。これを膝にのせたまま作業をすると過度に睾丸が温められることがあるので要注意です。

男性妊活に必要な運動は筋トレ

男性機能の向上のためには男性ホルモンであるテストステロン値の上昇が欠かせません。

このテストステロンは、筋肉を鍛えることによって分泌量が上がると言われています。したがって、男性の妊活にとって必要な運動とは主に筋トレということになります。

また、このテストステロンは過度のストレスにさらされると低下する側面もありますので、特に仕事でストレスを感じている男性は意識的に体を鍛えることによりテストステロン値を維持することが望まれます。

体を動かすことはストレス解消にもつながるし一石二鳥ですね。

男性妊活に必要な栄養素

女性の妊活には葉酸が必要と言われますが、男性の妊活にとって重要な意味を持つ栄養素は以下の通りです。

ポイント

  • 亜鉛
  • セレン

最近の研究で、精子の運動量には精液中に含まれる栄養素が影響していることが明らかになってきています。

つまり精液中に栄養素がたっぷり含まれていれば、精子はそれを吸収して活発に活動するようになるということですね。

亜鉛

亜鉛は男性機能の向上に関わる最も重要な栄養素といえます。これは知ってる方も多いのではないでしょうか。

亜鉛は男性の前立腺や性腺に多く含まれており、男性ホルモンの合成や精子の運動性に深くかかわるといわれています。実際に亜鉛が欠乏すると性機能不全が起こることは確かなようです。

亜鉛は動物性の食品に多く含まれます。具体的には、牛もも肉や牛肩ロース肉の赤身部分や、かき・ほたてといった貝類が典型的です。このほか、若干含有量は劣るものの玄米ごはん・胚芽精米ごはん・納豆にも含まれています。

食品から摂取する場合には、植物性の食品に偏ることなく適度な肉食を意識するとよいでしょう。

セレン

セレンは抗酸化作用があり老化や動脈硬化の予防に効果があるとされる栄養素です。男性妊活との関係では、セレンは精液中に含まれる栄養素であり精子の形成に深くかかわるとされています。

日本は土壌中に十分なセレンが含有されているため日本における通常の食事をとっている限り、セレン不足になることはないと言われています。

ただし、世界的にみると土壌中のセレンが不足している地域があります。具体的には、中国の克山地域、ニュージーランド南島、北欧諸国などです。

このような地域ではセレン不足による下肢筋肉痛、皮膚の乾燥がみられ、欠乏がひどい場合として心筋障害による死亡例もあります。

セレンは必須ミネラルの中では毒性が強いとされていて、摂取しすぎると脱毛やつめがもろくなったり、重度の場合は胃腸障害や心筋梗塞を引き起こす例が報告されていますので過剰摂取にも注意が必要です。

したがって、日本においては食事を通常どおりとっていればよく、サプリメント等で補う必要はないでしょう。

まとめ:男性妊活はまず基本的な健康を維持する!

以上のように、男性の妊活においては食事をきちんと摂ることや、禁煙・禁酒など基本的な健康を維持する視点がまず重要といえます。

このほか、ストレスや睡眠不足は血流を阻害しますし、なにより健康を害することになりますので当然に男性機能も低下することになります。

したがって、一般的に健康と言われる生活を目指すことを意識しましょう。そのうえで、男性妊活に必要な栄養素等を積極的に摂取していくことが良いでしょう。

-妊活コラム

Copyright© 子作り どっとこむ , 2020 All Rights Reserved.