子宝スポット

【子宝温泉・関西編】関西地方で有名な子宝温泉

投稿日:

こんにちは、mikeです。

さてさて今回は関西の子宝温泉を調べてみました!関西は昔から栄えている土地だけあって、歴史のある子宝温泉がたくさんあります。

有馬温泉(兵庫県)

兵庫県にある有馬温泉です。

関西では子宝温泉としてだけではなく観光地としても有名ですね。

住所:兵庫県神戸市北区有馬町

アクセス:神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅

泉質:金泉-含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉

銀泉-二酸化炭素泉(炭酸泉)or 放射能泉(ラドン泉)

日本最古の子宝温泉

有馬温泉は日本最古の温泉で、なんと日本神話の一つである日本書紀に既にその名前が出てきます

日本神話では、在位593年~641年になる舒明天皇が好んで訪れたことにより温泉地として有名になったと伝えられます。593年って飛鳥時代ですからね、、どれだけ古いんだって感じです。

子宝温泉としては日本有数の泉質

有馬温泉は、お湯の色に応じて金泉、銀泉と分かれています。このうち、子宝に効果があると言われているのが金泉です。金泉は赤褐色のお湯です。

金泉と銀泉の違いはお湯に溶け込んでいる物質の違い、すなわち泉質の違いです。

泉質の違いについては、以下の記事をご参照ください

  関連記事:子宝温泉には効果がない?根拠があるのか調べてみた

金泉は、含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉です。要するに、金泉はと塩化物が含まれている温泉ということですね。

塩化物泉は慢性婦人病、含鉄泉は月経障害に適応します。

多くの温泉はいずれかの効能しか有しないことを考えると、有馬温泉は子宝温泉として国内でも有数の温泉といえるでしょう。

なお銀泉は、二酸化炭素泉(炭酸泉)と放射能泉(ラドン泉)とがあります。前者は二酸化炭素が、後者はラドンが溶け込んでいる温泉です。

放射能泉は慢性婦人病を適応症の一つとしていまので、金泉だけでなく銀泉(ラドン泉の方)も併せてどうぞ

また温泉は溶け込んでいる物質にかかわらず、冷え症の改善に効果があります

まとめると…

有馬温泉には金泉と銀泉がある

金泉は慢性婦人病・月経障害への効果が期待できる

銀泉のうちラドン温泉は慢性婦人病への効果が期待できる

いずれの温泉も冷え性を改善する

近くにある湯泉神社で子宝祈願を

有馬温泉エリアにある湯泉神社(とうせんじんじゃ)は、昔から子宝祈願で有名な神社でもあります。

子宝のお守りとして、男型と女形の人形があります。これは平安時代から子宝祈願として続く風習に基づくものだそうで、有馬における子宝祈願の歴史を感じさせますね。

長浜太閤温泉(滋賀県)

滋賀県にある長浜太閤温泉です。

住所:滋賀県長浜市公園町

アクセス:JR北陸本線・長浜駅から徒歩10分

泉質:含鉄泉

太閤といえば豊臣秀吉ですが、その名の通り豊臣秀吉の最初のお城である長浜城跡地に湧く温泉です。

豊臣秀吉はこの地の温泉に入って初めて子を授かったとの言い伝えがあることから、長浜城跡地に湧くこの温泉に多くの人が子宝祈願に訪れるようになったそうです。

長浜太閤温泉の泉質は含鉄泉であり、月経障害・冷え性が適応症となります。

城崎温泉(兵庫県)

兵庫県にある城崎温泉(きのさきおんせん)です。

住所:兵庫県豊岡市城崎町

アクセス:JR山陰本線・城崎温泉駅からすぐ

泉質:塩化物泉

情緒あふれる温泉街

城崎温泉といえば、志賀直哉の小説「城の崎にて」を思い出す人もいるかもしれません。

平安の昔からこの地に湧く歴史ある温泉であり、近年においては多くの文学者にも愛されました。

現在でも昔ながらの情緒ある温泉街の風情は健在で、7つある外湯を浴衣姿に下駄で巡るのが定番の楽しみ方となっています。

柳湯が子宝温泉として有名

7つの外湯のうち柳湯は子宝祈願の神様である鬼子母神をおまつりしており子宝温泉として有名です。

柳湯の営業時間は15時からとなっています。また、不定休のため絶対に柳湯に入りたい!という方は観光協会(0796-32-3663)に問い合わせた方が無難です。

城崎温泉の泉質は塩化物泉。したがって、冷え症と慢性婦人病が適応症となります。

コウノトリの郷公園も子宝で評判

城崎温泉の近くにはコウノトリの郷公園があります。コウノトリといえば、子供を連れてくると言われ子授けの象徴的存在ですよね。

紀子様も秋篠宮殿下とコウノトリの郷公園を訪れた後に第三子となる悠仁様を懐妊されたそうです。

余裕があれば、城崎温泉からコウノトリの郷公園にも寄ってみてはいかがでしょうか。

湯の峰温泉(和歌山県)

和歌山県田辺市本宮町にある湯の峰温泉です。

湯の峰温泉は熊野古道沿いにあり、古くから熊野詣をする人たちに愛されてきました。また熊野古道エリアの一部として温泉としては世界で唯一の世界遺産となっています。

住所:和歌山県田辺市本宮町

アクセス:龍神バス、奈良交通、熊野交通・湯の峰温泉バス停からすぐ

泉質:含硫黄炭酸水素塩泉

つぼ湯は子宝に恵まれると評判

湯の峰温泉は古くから子宝温泉として親しまれ、多くの人がこの温泉に入って子宝に恵まれたと言い伝えられています

なかでも湯の峰温泉街の中心部に位置するつぼ湯は、1日に7回色が変わるといわれる不思議な温泉です。

このつぼ湯は大人二人がちょうど入る大きさであり、夫婦二人で入ると子宝に恵まれると評判です。

30分交代制ですが、多くの夫婦が列をなして並んでいるとのことなので待ち時間は相当な覚悟が必要かも。

湯の峰温泉の泉質は含硫黄泉であり、冷え症と慢性婦人病の改善が期待できます。

湯筒近くの子宝地蔵にも祈願を

湯筒とは温泉卵を作ることのできる高温の温泉が湧きだす施設です。その近くに湯筒地蔵があります。

この湯筒地蔵は、湯の峰温泉が子宝温泉として有名であるがために、別名子宝地蔵ともいわれます。このお地蔵様にもぜひ立ち寄ってお参りしたいですね。

まとめ:関西は長く信仰された子宝温泉が多い

関西地方はさずがというべきか、歴史の古い温泉が多かったです。

子宝温泉としても長い間人々の信仰を集めていますので最近になって観光政策の一環として子宝の湯と称するようになった温泉とはひと味違う印象です。

また、泉質を見てみても確かに婦人科系に効果のある温泉ばかりでしたので、古くから子宝温泉と慕われてきたのも頷けます。

特に有馬温泉は含有する物質が非常に多いのが特徴的で全国的にみても有数の湯治場と思われます。

電車でもアクセスしやすい温泉地が多いので、ぜひ軽い旅行がてら足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

-子宝スポット

Copyright© 子作り どっとこむ , 2020 All Rights Reserved.